SDGsの取り組み

 

SDGsとは

 持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
 会津ゼネラルグループとしても持続可能な開発目標を念頭に置き、日々の事業活動に取り組んでまいります。

会津ゼネラルグループの取り組み

 「日本を健康にする」という理念の元、スポーツクラブの運営を行っております。
 また市町村と連携して、各地域へ出張型の運動教室を実施し、スポーツクラブに通うことの出来ない方への健康をサポートする取り組みを行っております。
 社内においては健康経営を取り入れ、従業員とそのご家族の皆様が心身ともに健康でいることの出来る職場作りに力をいれております。

sdg_icon_04_ja_2.png

 地域の大学と連携し、アイディアソン・ハッカソンの開催、寄付金を通してAI技術の学びの場の提供、海外渡航の支援を行っております。
 またベンチャー企業の創成を支援する財団への寄付を通して、次世代を担う学生への支援に取り組んでいます。

sdg_icon_05_ja_2.png

 産前産後休業、育児休業、休業明けの時短勤務を取得しやすい職場づくりに取り組んでいます。
性別に関わらず休業を気兼ねなく取得できる、子育て世帯が安心して働ける環境整備に力を入れております。

sdg_icon_07_ja_2.png

 会津ゼネラルグループのガソリンスタンドは、その全てが経済産業省資源エネルギー庁が定める「住民拠点サービスステーション」として運営しており、災害などが原因の停電時にも継続して地域の住民の方々に給油できるガソリンスタンドとしてエネルギーの安定供給に努めております。
 また福島県いわき市において太陽光発電施設を保有し、クリーンなエネルギーへの取り組みを強化しております。